女子野球ジャパンカップ、兵庫ディオーネが2連覇!

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

兵庫県・ほっともっとフィールド神戸で行われた「第6回女子野球ジャパンカップ」大会4日目決勝戦 兵庫ディオーネvs埼玉アストライアは8-0で兵庫ディオーネが勝利、見事第6回ジャパンカップの栄冠を手にした。

埼玉アストライアの先発は宮原。
初回から2死1,3塁のピンチを背負うも、ここは5番寺部を空振り三振におさえる。

兵庫ディオーネの先発は泉由有樹。
泉は初回から二つの三振を奪う好スタートを切る。

兵庫ディオーネは今年のシーズンの勢いのまま、2回から攻撃の火ぶたを切る。
6番石塚がレフト線ツーベースヒットをはなつと、9番中田がライト前タイムリーヒットで先制点。
3回表には4番太田のヒット、6番石塚のヒットで1死1,3塁のチャンスを作ると8番三浦由美子のタイムリーヒットなどで2点。
4回にも1番厚ヶ瀬、2番三原のヒットなどで1死2,3塁のチャンスを作ると、4番太田のタイムリーヒットでさらに2点。
中盤までで5-0と差をつける。

埼玉アストライアは終盤5回に7番加藤、8番今井の連続ヒットなどでチャンスを作るものの、あと1本がつながらない。
守る方でも先発宮原から萱野、山崎舞、谷山と総力戦で立ち向かうものの、兵庫ディオーネは6回に3点のダメ押し点を追加。
試合を決定づける。

最後の場面、埼玉アストライアは2死1,3塁の場面で一矢報いたいものの、6回から登板した里に最後は三振におさえられ、ゲームセット。
今年のジャパンカップの優勝は、兵庫ディオーネが見事に勝ち取った。

兵庫ディオーネはこれで今シーズンの前期優勝・後期優勝・年間女王・ジャパンカップと4冠に輝いた。
準優勝となった埼玉アストライアはジャパンカップ4年連続準優勝と、悲願をかけた優勝を今年も逃す悔しい結果となった。

【兵庫ディオーネ 碇美穂子監督】

今年は、「全部獲る!」と思っていたので、シーズンに加えてジャパンカップも優勝することができ、本当にうれしいです。
決勝戦を戦うにあたって「守備からリズムを作って戦っていく」という今年1年間兵庫ディオーネが取り組んできたことを出そう、と話していました。
先発の泉由有樹投手を中心に、本当に理想通りの試合展開になりました。
特に泉由有樹投手が1年間練習でずっと取り組んできたことが、この大舞台で結果となり本当にうれしいです。
1年間ずっと挑戦者の気持ちでいましたし、選手たちが日々妥協せずにやった結果が今日につながったと思います。
来年も引き続き挑戦者の気持ちで戦っていきます。1年間温かいご声援をいただいた皆様、本当にありがとうございました。

【兵庫ディオーネ #17 泉由有樹】

<先発し5回を無失点の好投! >
1年間やってきたことを今日出すだけだと思って臨みました。兵庫ディオーネというチームで優勝できたこと、本当にうれしく思います。
守備にも打撃にも助けてもらい、本当に「嬉しい」という言葉しか出てこないです。

【兵庫ディオーネ #5 中田友美】

<決勝打となる先制のタイムリーヒットを放った!>
本当に「嬉しい」の一言です。
2回のチャンスでは、泉由有樹投手も粘りのピッチングをしていたので、「私がここで1本打たなきゃいけないな」と強い気持ちで振りぬくことができました。

【兵庫ディオーネ #8 太田あゆみ】

<決勝戦の舞台で3安打猛打賞、4打点の大爆発!>
優勝できて最高です。
無我夢中で猛打賞には気づいていませんでした。今年は打点を多く挙げることができましたが、仲間がチャンスを作ってくれたからこそいい結果につながりました。

試合結果

2016年10月31日(月)
わかさ生活PRESENTS 第6回女子野球ジャパンカップ 大会4日目
決勝戦 兵庫ディオーネvs埼玉アストライア

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 R
兵庫ディオーネ 0 1 2 2 0 3 0 8
埼玉アストライア 0 0 0 0 0 0 0 0

(兵)泉由有樹(5回)里(2回)-寺部
(埼)宮原(3回)、萱野(2回)、山崎舞(1回)、谷山(1回)-今井
【勝利投手】泉由有樹(2試合2勝0敗0セーブ)
【敗戦投手】宮原臣佳(2試合1勝1敗0セーブ)
【セーブ】里綾実(2試合1勝0敗1セーブ)

関連写真(画像をクリックすると拡大写真が表示されます。)

女子野球ジャパンカップ、兵庫ディオーネが2連覇!
女子野球ジャパンカップ、兵庫ディオーネが2連覇!
女子野球ジャパンカップ、兵庫ディオーネが2連覇!
女子野球ジャパンカップ、兵庫ディオーネが2連覇!
女子野球ジャパンカップ、兵庫ディオーネが2連覇!
女子野球ジャパンカップ_決勝
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

女子野球に関する記事

お勧め記事

新着記事