明治神宮大会を目指す関東地区の大学が集う関東地区大学野球選手権1回戦で創価大と桜美林大の一戦が行われた。

創価大は田中正義(ソフトバンク1位)と池田隆英(楽天2位)、桜美林大は佐々木千隼(ロッテ1位)とプロ入りが控えている投手を擁しており月曜日にも関わらず多くのファン横浜スタジアムに詰めかけた。

桜美林大が佐々木、創価大が田中の先発で試合開始。

先制点を挙げたのは桜美林大。1回裏に内野安打とフィルダースチョイス、死球で無死満塁のチャンスを作るとワイルドピッチとタイムリーヒットで一挙3点を奪う。

田中は2回以降立ち直るが4回にソロホームランで1点を失いこの回で降板。マウンドを池田に譲った。

一方の佐々木は毎回のようにランナーを出すが要所を締め0を重ねる。

試合はその後、9回に創価大が1点を返すが反撃もそこまで。

試合は桜美林大が4-1で創価大を下し2回戦へ駒を進めた。
田中、池田は大学生活最後の登板を白星で飾ることができずプロでのリベンジを誓う。

【試合結果】
桜美林大4-1創価大

【注目選手】
佐々木千隼(桜美林大):9回/被安打8/奪三振7/四死球1/失点1(自責1)
田中正義(創価大):4回/被安打6/2奪三振/四死球1/失点4(自責3)
池田英孝(創価大):3回/被安打4/2奪三振/四死球2/失点0

nextfield
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

アマチュアに関する記事

お勧め記事

新着記事