明治神宮大会への切符をかけて争う関西地区大学野球選手権・第1代表決定戦、奈良学園大と関西大の一戦が行われた。

試合は9回終わって3-3の同点となり延長10回からタイブレークで勝負を決めることとなった。表の攻撃である関西大は1死満塁から連続タイムリーを放ち一挙4点を奪い7-3とする。その裏、奈良学園大を2点で抑え7-5とし関西大学が勝利した。

これで関西大は関西5連盟第一代表として明治神宮大会に挑む。初戦の相手は東京六大学の覇者明治大だ。

また、奈良学園大は関西5連盟第二代表決定戦に回り大阪体育大と対戦する。

【試合結果】
関西大7-5奈良学園大

こちらの記事に関連するタグ

nextfield
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

アマチュアに関する記事

お勧め記事

新着記事