中日・森脇浩司氏のコーチ就任を発表「まずは視察」

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

中日は1日、森脇浩司氏がコーチに就任することを発表した。内野守備、走塁を中心に担当をする予定となっている。

森脇氏は会見で「チームや選手のためになれるよう全力を尽くしたい。まずはしっかり観察していきたい」と抱負を語った。

森脇氏は1978年のドラフト2位で近鉄に入団し、広島、南海~ダイエーでもプレー。
現役引退後、1997年からホークスの内野守備・走塁をコーチなどを務めた。2011年巨人の2軍内野守備・走塁コーチに就任。2012年からオリックスのチーフ野手兼内野守備・走塁コーチを務め、同年に監督就へと就任。
監督時代は14年にはチームを6年ぶりのクライマックスシリーズに進出させる。しかし、2015年主力選手の怪我や不振が続き開幕から低迷。一時は休養していたが監督を担任。その後はオリックスのシニアアドバイザーに就任、2016年10月に任期を満了し退任していた。

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

セ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事