関西地区大学野球選手権で明治神宮大会の第2代表決定戦が行われた。

対戦するのは第一代表決定戦で関西大に敗れた奈良学園大と阪神大学野球連盟の覇者である大体大だ。

試合は初回に大体大が1点を先制する。その後も4回、8回に追加点を挙げ8回表終了時点で4-0のリード。
大体大先発の菅原秀(楽天ドラフト4位)は7回まで奈良学園大を0点に抑える好投。8回裏に菅原は2点を失うが9回完投13奪三振で奈良学園大を2点に抑え快勝。

大体大は4年ぶり5回目の明治神宮大会出場を手にした。奈良学園大は初の神宮大会出場ならず。
大体大は明治神宮大会初戦で四国・中国3連盟代表の環太平洋大と対戦する。

【試合結果】
大体大7-2奈良学園大

こちらの記事に関連するタグ

nextfield
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

アマチュアに関する記事

お勧め記事

新着記事