社会人野球日本選手権1回戦3試合が行われプロ入りを控えた選手たちが躍動した。

1日の第2試合ではドラフト指名選手たちの投げ合いが行われた。

新日鉄住金広畑は森原康平(楽天5位)、ホンダ鈴鹿は平井克典(西武5位)の両先発が好投する投手戦となった。
先制点を奪ったのはホンダ鈴鹿だった。5回裏の先頭である庄司輔が森原のストレートをライトスタンドへの特大アーチ。1-0とホンダ鈴鹿がリードする。7回にもホンダ鈴鹿は1点を加え2-0で新日鉄住金広畑に勝利し2回戦へ駒を進めた。対する平井は8回無失点の好投。キャッチャーとして出場している飯田大祐(ホンダ鈴鹿/オリックス7位)は3打数ノーヒットだった。

第3試合にはロッテのドラフト2位酒居知史(大阪ガス)が登場。酒居は圧巻の投球でJR四国を封じ込め9回13奪三振で完封勝利。2回戦で平井、飯田を擁するホンダ鈴鹿と対戦する。

【試合結果】
<1回戦>
鷺宮製作所 5-1  東邦ガス
新日鉄住金広畑 0-2 ホンダ鈴鹿
大阪ガス 1-0 JR四国

【注目選手】
<投手>
平井克典(ホンダ鈴鹿/西武5位):8回/被安打5/奪三振8/与四死球1/失点0
森原康平(新日鉄住金広畑/楽天5位):7回/被安打7/奪三振5与四死球1/失点2(自責2)
酒居知史(大阪ガス/ロッテ2位):9回/被安打3/奪三振13/与四死球2/失点0

<捕手>
飯田大祐(ホンダ鈴鹿/オリックス7位):3打数0安打

こちらの記事に関連するタグ

京セラドーム
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

アマチュアに関する記事

お勧め記事

新着記事