【春選抜2016】秀岳館打線爆発! 3ホームラン16安打で好投手、重冨を攻略【高校野球】

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

今日でベスト8がすべて出揃う大会8日目。
南陽工は初戦で重冨が市和歌山を完封。打線は0ー0のこう着状態から9回に一挙6点を奪って勝利した。
対する秀岳館は、初戦の花咲徳栄戦で話題の好投手、高橋昴也を6点を奪い攻略した。打線の力強さは前評判通りだった。
重冨が秀岳館打線を抑えるのか、それとも今日も秀岳館打線が威力を発揮するのかという勝負の図式になりそうだ。

注目の1回裏の秀岳館の攻撃。秀岳館の強力打線が早速、南陽工先発の重冨に襲いかかる。一死から二番原田が二塁打で出塁すると、四番九鬼も続き、一死一、三塁となる。続く天本の打球は球足の速い遊ゴロ。これがショート山崎のエラーを誘い先制点を奪う。さらに四球で満塁となり、七番堀江がセンターへのタイムリーを放つ。センター家入の後逸もあり、2者が生還。続く木村が死球で再び満塁に。九番宮平が外角高めのストレートを逆らわずにライトへ打ち返し、さらに2点を追加する。そして打順は一周して一番の松尾。初球の高めの真っ直ぐを振り抜くと、打球は左中間スタンドに飛び込む3点本塁打となり、一挙8点を奪う。
重冨は球が上ずっており、それをことごとく秀岳館打線に捉えられてしまった。

秀岳館はその後も攻撃の手を緩めない。2回、3回と得点を重ね、5回には一番松尾から四番九鬼まで4連打。さらに五番天本が低めの厳しい球をしっかりと捉えて左中間スタンドに運び、この回さらに4点を追加する。

重冨は初回から苦しいピッチングが続くが、5回、6回と一塁ランナーを牽制で刺すなど、集中力は欠かさない。

秀岳館はさらに8回裏に六番広部がレフトスタンドに大会12号となるソロホームランを叩き込み、16点を積み上げる。

南陽工は9回に満塁と最後に見せ場を作ったが、本塁憤死もあり無得点。最後に一矢報いたい南陽工だったが得点ならず、無念の敗戦となった。

match22
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

高校野球に関する記事

お勧め記事

新着記事