明治神宮大会を目指す関東地区の大学が集う関東地区大学野球選手権準決勝第1試合が行われ、桜美林大と中央学院が対戦した。

桜美林はドラフト会議2016でロッテからドラフト1位指名を受けたエース・佐々木、中央学院はエース・臼井の両先発で開始した。

立ち上がりから両者塁を出すも無得点のまま3回を終える。

4回表、最初にスコアを動かしたのは桜美林。1死2塁から6番沼田の適時二塁打で1点を先制する。

勢いがついた桜美林は6回に8番佐俣の右前適時三塁打で2点、7回に3番大平の左前適時打で1点、8回に1番山野辺の左前適時打で1点の5-0とリードを大きく広げる。

中央学院は8回裏に鈴木が1点を返すも9回表にすぐさま1点を追加される。9回裏最後の反撃を仕掛けるも、この回まで5安打1失点7Kの好投を見せる佐々木を攻略できず、6-1で桜美林が明治神宮大会出場を決めた。

決勝は、この後行われる共栄大と上武大の勝者と10月3日に対戦する予定だ。

<試合結果>

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
桜美林大 0 0 0 1 0 2 1 1 1 6
中央学院 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1

こちらの記事に関連するタグ

nextfield
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

アマチュアに関する記事

お勧め記事

新着記事