【春選抜2016】海星、二試合連続の1点差勝利で ベスト8に名乗りを上げる!【高校野球】

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

第三試合。ベスト8の最後のイスをかけた試合は、初戦を相手のミスにつけ込み3安打で3得点を挙げて勝利した海星と、序盤に挙げた1点をエースの山崎の完封で守り抜いた敦賀気比という、ともに接戦を制して勝ち上がってきた両チームの対戦となった。

初戦は静かだった海星の打線が本領を発揮するか、山崎を擁する敦賀気比が接戦に持ち込むか注目の一戦だ。

試合は1回表から動きがあった。一死から二番小川がレフトへのヒットで出塁すると、続く島原の当たりをショートの林中がファンブルしてしまう。これで小畑が一死一、二塁となって四番のレフトの左を抜ける適時二塁打を放ち、海星が先制点を得る。

その後も海星は山崎のスライダーを積極的に振っていき、コンスタントにヒットを重ねる。さらに二死一、三塁からのセーフティースクイズを仕掛けたりと得点こそ出来ないものの、敦賀気比に揺さぶりをかける。

先制された敦賀気比は海星の先発、春田を捉えたいところだが、春田のスライダー主体のピッチングの前に凡打が続く。

敦賀気比は5回表に捕手を井戸川から小島へチェンジ。緩いカーブを増し、緩急を使いだす。しかし、一死からまたも四番小畑に当たりが出る。サード山下への強襲ヒットでボールがサード後ろに転がる間に小畑は2塁を陥れる好走塁。続く五番永石がカーブを捉え、ライト前へ。これで小畑が二塁から還り、海星が貴重な2点目を手にする。

6回裏、海星は5回まで敦賀気比を1安打に抑えていた春田からスッパリと土谷にスイッチ。得意の継投作戦に出る。しかし、代わったばかりの土谷から三番林中がレフトフェンスギリギリに飛び込むホームランで追撃。

キャプテンの林中のホームランで追い上げた敦賀気比は、7回にはレフト橋本のダイビングキャッチもあって追い上げムードに。

代わった直後こそ1点を失った土谷だったが、その後はランナーを出しつつも、粘りのピッチング。
8回裏の敦賀気比は中軸からの攻撃。ここで追いつきたい敦賀気比だったが、土谷の緩急をつけたピッチングの前に三者凡退に終わる。

敦賀気比の山崎も9回表の海星も三者で切り、最後の攻撃に賭ける。

そして9回裏。一死から七番山下の打球は一塁ベースに当たり、跳ね上がる。内野安打になるかと思われたが、土谷がベースカバーに入っており、間一髪アウト。これで二死。続く最後のバッターも三ゴロに打ち取り、海星がベスト8最後の切符を手にした。

match24
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

高校野球に関する記事

お勧め記事

新着記事