巨人・大田、公文と日本ハム・吉川、石川慎が電撃トレード!

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

日本シリーズが終わって間もない日本ハムが来シーズンの連覇のためにトレードを仕掛けてきた。

この日、日本ハムが吉川光夫、石川慎吾、巨人が大田泰示、公文克彦の交換トレードが成立した。

陽岱鋼の去就が不透明な日本ハムは右打ちの外野手不足が懸念されており大田は日本ハムの補強ポイントに合致する。中継ぎ左腕として公文が加わることも心強い。

また、巨人は先発左腕が田口麗人がいるものの内海哲也、杉内俊哉のベテラン勢に加え吉川を補強したことで投手陣の整備が進むことになる。そして、代打が手薄なところに石川が加わるのも心強い。

吉川、大田ともにドラフト1位で入団した経緯もあり素質は十分にある。大型トレードによってチームを変え新たな環境でさらに花開くことを期待したい。

各選手のコメントは以下の通り。

日本ハム・吉川光夫投手コメント
「10年間、ファイターズには本当にお世話になりました。また、ファンの皆さんに対しては感謝の気持ちしかありません。新しいチームでも全力で頑張る。そのことしか今はありません。これからも応援していただければうれしいです」

日本ハム・石川慎吾外野手コメント
「驚きましたが、プラスに考えています。北海道のファンのみなさんには感謝してもしきれない。先輩後輩と離れるのは寂しいけれど、こういう世界なので、活躍して再会できるのが恩返しだと思っています。新しいチームでも自分らしいプレーを見せたいです」

巨人・大田泰示選手コメント
「入団して8年間、一軍ではいい成績を残すことができなかったのを悔しく思っています。北海道で活躍する姿を、みなさんに見ていただけるよう頑張るだけです。」

巨人・公文克彦選手コメント
「4年間という短い間でしたが、巨人軍ではお世話になりました。環境は変わりますが、日本ハムで野球を続けられることに感謝し、頑張っている姿を見てもらいたいです。」

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

セ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事