ワールドチャンピオンはカブス!108年ぶりの世界一!

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

3勝3敗のタイで迎えたワールドシリーズ第7戦はインディアンスの本拠地であるプログレッシブ・フィールドは球場に入り切らないファンが溢れるほどの喧騒の中で試合は始まった。

1回表カブスは先頭のファウラーがいきなりホームランを放ち1-0と先制する。
1点を追いかけるインディアンスは3回裏にサンタナのタイムリーヒットで1-1の同点に追いつく。

しかし、108年ぶりのワールドチャンピオンを目指すカブスは4回、5回に2点ずつを追加し5-1とリードを4点に広げる。
インディアンスは5回裏にカブスのバッテリーエラーで2点を返し3-5と2点差に追い上げ試合はわからなくなる。

2点を取られた直後のカブスは今シーズン限りで引退を表明しているロスがホームランを放ち6-3とリードを3点とし試合は終盤へ。

カブスは本来、先発のレスター、そして守護神チャップマンと繋ぎ逃げ切りをはかるが8回裏にインディアンスはデービスの2ランなどで3点を返し6-6の同点に追いつき試合は延長戦へ。

雨による中断を挟んだ10回表にカブスは2点を奪う。

その裏をエドワーズJrが1点を失うも8-7でカブスが勝利した。

カブスは108年ぶりのワールドチャンピオンに輝き2016年シーズンは幕を閉じた。

【試合結果】
カブス8-7インディアンス

<試合結果>

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 R H E
カブス 1 0 0 2 2 1 0 0 0 2 8 13 3
インディアンズ 0 0 1 0 2 0 0 3 0 1 7 11 1

こちらの記事に関連するタグ

シカゴ・カブス2
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

ナショナル・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事