履正社が滋賀学園を下し6年ぶりの決勝進出! / 秋季近畿大会

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

11月2日、三井寺公園野球場で秋季近畿地区高校野球大会の準決勝第2試合、大阪代表の履正社と滋賀代表の滋賀学園が対戦した。

履正社は竹田、滋賀学園は棚原の両先発で試合は開始。

1回表履正社は2死1、2塁のチャンスを作るも無得点で終える。
対する滋賀学園は先頭打者の1番眞藤がヒット、2番の小浜がフォアボールで出塁と無死1,2塁のチャンスを作るも後続が続かず。両者無得点のまま1回を終える。

3回表履正社は2死満塁から3番安田の右前適時打で1点を先制。さらに2死1塁と続く4番若林、相手の暴投により2死2塁となるが三振で1点に終わる。

4回裏滋賀学園は2死2塁から9番中西の右前適時2塁打で同点に追いつく。さらに1番眞藤が死球で出塁、2死1,2塁と逆転のチャンス。続く2番小浜が左前適時打で1-2と逆転する。

しかし、5回表履正社は2死1、3塁から3番安田2塁打ですぐさま1点を返す。続く4番若林が右方向への3ランホームランを放ちこの回一挙4点を奪って逆転する。
さらに7回表には相手エラーの隙に1点を追加し、6-2と広げる。

9回裏滋賀学園は無死満塁から4番武井の左前適時打で1点を返す。尚も無死満塁と逆転チャンスが続くも、先発の竹田が冷静に後続を沈めて履正社が勝利した。

決勝は大阪桐蔭に5-3で勝利した神戸国際大付と11月5日に対戦する予定だ。

こちらの記事に関連するタグ

koukousamp6
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事