早稲田 野村の逆転2ランで優勝! / 秋季東京大会

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

11月2日、神宮球場で行われている秋季東京地区高校野球大会決勝、日大三と早稲田が対戦した。

日大三は桜井、早稲田は中川の両先発で開始した。

1回表日大三は先頭打者の井上が二塁打を放つ。1死後、相手の暴投、四球と乱れが生じて1死1,3塁。早くも日大三に先制のチャンスが生まれ、4番比留間が適時打で1点を先制する。

2回裏早稲田は1死3塁から6番雪山の二ゴロ、本塁へ投げるがセーフとなりゲームは振り出しに。

4回裏早稲田は1死1,3塁から7番橘内の左中間適時二塁打で2点を勝ち越し。さらに8番亜赤嶺の犠打で2死3塁とし、続く9番野田が適時打で1点を加え1-4とリードする。
しかし、日大三は5回表に5番金成が3ランホームランを放ち一気に同点へと追いつく。

両者点を取られてもすぐ取り返しリードを許さない展開が続き、試合は後半へ。

8回表日大三は2死から連続でヒットを放ち、2死1,3塁のチャンスを迎える。しかし、9番津原の球はゴロに終わり無得点。
その回裏、対する早稲田も2死2塁とチャンスを作るも無得点のまま9回に突入。

9回表日大三は2死1,2塁から5番金成が左方向へ適時2塁打を放ち、その間に2者生還し2点を勝ち越す。
9回裏早稲田は無死1塁から1番西田が左中間適時三塁打を放ち1点差に詰め寄る。さらに続く2番横山が四球、3番清宮の時に暴投で同点となる。清宮は三振に倒れたが、4番野村が左右間へ逆転2ランホームランを放ち6-8で早稲田が勝利した。

早稲田は11年ぶり10回目の優勝を果たした。

<試合結果>

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
日大三 1 0 0 0 3 0 0 0 2 6
早稲田 0 1 0 3 0 0 0 0 3 8

こちらの記事に関連するタグ

1104soujiysu
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事