掲載日: 文章:Clipee運営局

【移籍市場】中日・平田は宣言期間開始後、初の交渉へ

10月31日から始まったFA宣言手続き期間開始後、平田良介(中日)が初めて球団と話し合いの場を持った。

平田は当初から「金銭面で納得行けば宣言しない」と語っていたこともあり金銭面での折り合いがつくかどうかが話し合いの焦点となりそうだ。

本日の交渉に先駆け平田は「フィフティー・フィフティー、何回か話しをすることになるんじゃないですか」と報道陣に対応し宣言期間となっている11月9日まで複数回の話し合いの場を持つことを示唆した。

中日球団は大島洋平を残留させた交渉術で平田も残留させることができるだろうか。
動向に注目したい。

<平田良介・今シーズン成績>
118試合/打率.248/14本/73打点

【移籍市場】中日は平田に1億2千万の複数年を提示か?

こちらの記事も読まれています

新着記事