ベスト4最後のイスを賭けた戦いは、二回戦で創志学園の好投手髙田を集中打で攻略した高松商と、一、二回戦で1点差の接戦をものにしてきた海星が激突。

高松商は得意の機動力を絡めた攻撃が選抜でも威力を発揮している。エースの浦も好調で前の試合では94球で完投している。
海星は春田と土谷の左右のエースが好調だ。打線が本来の調子を取り戻したいところ。

先制したのは先攻めの高松商。2回表、この選抜好調の美濃がライト線への三塁打で先制の好機を演出すると、続く植田理久都がレフトへのタイムリーヒットを放つ。一死後に送りバントを決め、植田を二塁に置いて九番山下が2点目となるタイムリーヒットをセンターに運ぶ。

2点先制された海星は二回裏、3本のヒットで満塁とすると、先発の春田の打順で代打の松村を打席に送る。その松村はきっちりとレフトへフライを打ち上げ、タッチアップで1点を返す。

3回から海星は土谷をマウンドへ。高松商は代わった土谷を攻めたてる。一死二塁から三番米麦がセンターへ抜けるタイムリーヒットを放って再び2点差とする。

中盤の5回からは点取り合戦に。
5回表、高松商はスクイズと犠牲フライで効率的に2得点する。
その裏、高松商は四球で出したランナーを三塁に進められ、一番服部の打球をセカンド美濃が悪送球。ランナーが還り、ミスで1点を失う。

互いに得点して流れを引き寄せたかと思えば、その次の回に反撃に合うという展開が続き、試合は混沌としてくる。
6回には2点ずつ、7回には3点ずつを取り合い、ここまでの得点は7ー10で高松商の3点リード。

その中で最終的に流れを引き寄せたのは高松商だった。
8回表、追い上げムードが漂う海星にテンポよく2アウトを取られ、このまま三者凡退で終わると嫌な雰囲気が漂うところだったが、ここで四番が役割を果たす。植田響介が海星の三番手、間のカーブをすくい上げ、レフトスタンドに運ぶ。これで勢いを取り戻した高松商打線は美濃がヒットで出塁し、盗塁して二死二塁。先制点を生んだ植田理久都がライトへのタイムリー。さらに続く吉田も植田を返すタイムリーと連打で3点を追加する。

8回裏は一死からエラーのランナーを出すも後続を打ち取って久しぶりにスコアボードに0を刻み、同時に流れを手にする。
さらに9回にも4点を加えて勝利を盤石のものとした。

9回裏、6回途中から浦をリリーフした美濃が海星の最後の反撃に合いながらも最後は二番小川を三振に切って取り、高松商が1965年以来、実に51年ぶりのベスト4に進出した。

match28
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

高校野球に関する記事

お勧め記事

新着記事