社会人野球日本選手権2回戦が3試合行われた。

本日から全試合が2回戦となった。その第1試合に優勝候補の日本生命が登場した。日本生命は日本通運に初回4点を先制される苦しい立ち上がり。4点を奪われ尚も2死1、2塁のピンチで小林慶祐(オリックス5位)を投入。小林は後続を打ち取りピンチを切り抜ける。

その後、小林は9回1死までノーヒットピッチング。9回にヒットとエラーで1点を失うものの最後まで投げきり被安打1の好投を見せた。しかし、試合は日本通運が5−3で日本生命を下しベスト8に進出した。

その他の2試合は王子、パナソニックがそれぞれ勝利しベスト8へ駒を進めた。パナソニックの藤谷洸介(阪神8位)は登板がなかった。

【試合結果】
<2回戦>
日本新薬 0−2 王子
パナソニック 2−1 富士重工業
日本通運 5−3 日本生命

【注目選手】
小林慶祐(日本生命/オリックス5位):8回1/3/被安打1/奪三振6/与四死球0/失点1(自責1)

こちらの記事に関連するタグ

京セラドーム
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

アマチュアに関する記事

お勧め記事

新着記事