11月5日、ユーピーアールスタジアム(山口)で秋季中国地区高校野球大会の準決勝第1試合、山口代表の宇部鴻城と岡山代表の創志学園が対戦した。

宇部鴻城は早稲田、創志学園は難波の両先発で開始した。

1回裏創志学園は先頭打者の山本がヒットを放ち、2番木村が送りバントで1死2塁。続く3番麻生が犠打で2死3塁とし、4番難波が左方向へのタイムリーヒットを放って1点を先制する。

2回表宇部鴻城は2死3塁とすぐに同点のチャンスを作るも、三振に倒れ無得点に終わる。4回表にも1死満塁と再びチャンスを作るも後続が続かず無得点。
4回裏創志学園は2死1,3塁とリードを広げるチャンスが訪れるも、早稲田の粘りのピッチング、堅い守備で宇部鴻城が追加点を許さず。

6回表宇部鴻城は1死から4番嶋谷が今日3本目のヒットを放ち1死2塁。続く5番早稲田はショートゴロに沈むもその間に嶋谷が3塁へ出塁し、2死3塁の同点チャンス。続く6番打田がタイムリーヒットで同点に追いつく。
続く7番正木が四球、8番立石が2塁打で2-1と逆転、さらに9番楢木も四球で2死満塁とチャンスが続く。ここで難波から秋山に投手交代。
交代で流れを変えたい創志学園だが、この回3つ目の四球を与え、3-1と広げられる。

3-1のまま迎えた最終回。
創志学園は先頭打者の3番麻生がセンターへヒットを放ち無死1塁。麻生に代わって代走角本が1塁に立つ。続く4番難波がタイムリー2塁打を放ち1点差に縮める。
なおも無死2塁とチャンスが続くが、5番中山・6番金山が2連続センターフライで2死、7番金谷はゴロに終わり3-2で宇部鴻城が勝利した。

宇部鴻城は2年ぶりの決勝進出を果たし、決勝は11月6日この後行われる鳥取城北と市立呉の勝者と戦う予定だ。

<試合結果>

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
宇部鴻城(山口) 0 0 0 0 0 3 0 0 0 3
創志学園(岡山) 1 0 0 0 0 0 0 0 1 2

こちらの記事に関連するタグ

20161105ubekoujyou
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事