宇部鴻城が2年ぶり優勝! / 秋季中国大会

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

11月6日、ユーピーアールスタジアム(山口)で秋季中国地区高校野球大会の決勝、山口代表の宇部鴻城と広島代表の市立呉が対戦した。

宇部鴻城は早稲田、市立呉は池田の両先発で開始した。

試合は初回から動き、1回表宇部鴻城は2死3塁から4番嶋谷のタイムリーツーベースで1点を先制すると、2死1,3塁から嶋谷が1塁間の挟殺プレー中にホームへ生還し2-0とする。
3回表には1死2塁から3番荒武のタイムリーツーベースで1点を追加し、さらにチャンスが続きこの回3点を追加し大きくリードする。

市立呉も反撃するが、今日も好投の早稲田を打ち崩せず無得点のまま3回を終える。

攻撃のリズムを上げてきた宇部鴻城は4回から7回までに6点を追加する。
反撃の糸口がなかなか掴めない市立呉は7回裏に無死2、3塁のチャンスを作り、5番柏尾と6番青木のヒットで2点を返すが、反撃もここまで。

9回表には3番荒田、4番嶋谷の連続ヒットで1点を追加され、無死3塁から6番内田のゴロの間に1点を追加。
結果、12-2と決勝戦は宇部鴻城の攻撃力が爆発し優勝を決めた。

宇部鴻城は2年ぶりの優勝となり、神宮大会出場が決定した。
神宮大会は11月11日より行われ、初戦は北海道代表の札幌第一と対戦する。

<試合結果>

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
宇部鴻城 2 0 3 1 1 2 2 0 2 13
市立呉 0 0 0 0 0 0 2 0 0 2

こちらの記事に関連するタグ

秋季中国大会2016_決勝
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事