今年も早実の1年生はすごい!枚方ボーイズ出身・中川広渡【Players report】

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

昨年は清宮幸太郎がスーパ−1年生と騒がれた早稲田実業高校。今年はスーパ−1年生が投打に存在する。打のスーパ−1年生は清宮の後ろを打つ野村大樹。1年生ながら4番に座り秋季都大会決勝の日大三高戦ではサヨナラホームランも放った。そして投手は1年生ながら名門早実の主戦投手となった中川広渡だ。

氏名:中川広渡(なかがわひろと)
守備:投手
投打:右投右打
所属:早稲田実業高
出身:枚方ボーイズ

中川は大阪の名門枚方ボーイズ時代に数々のタイトルを獲ってきた投手がから早稲田実業に入学し早くも主戦投手となった。秋季東京都大会決勝の日大三高戦でも先発を任されるなど信頼度は高い。身長が175センチもないが体重は80キロとがっしりとした体型でストレートは130キロ台中盤だ。高校1年生ということあを考えればこれからの伸びしろは十分にあり140キロ中盤まではすぐに出すことができそうだ。変化球はスライダー、カーブを使うがまだまだ改良の余地はある。

ストレートに磨きをかけ力で押す投球を心がけたい。タイプ的には澤村拓一(巨人)、加藤拓也(慶応大/広島1位)に似たパワー系に育つ可能性が高い。

春の選抜出場をほぼ確定させた早稲田実業は清宮主将を野村、そして中川の下級生コンビで固め全国制覇を目指す。

こちらの記事に関連するタグ

wasedanakagawa
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事