【U-23W杯】日本はサヨナラ勝ち!オリックス・青山が粘投!

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

メキシコで行われているU-23W杯で日本代表がメキシコ代表と対戦した。

オープニングラウンドでは5戦全勝でスーパーラウンドに進んだ日本。スーパーラウンド初戦の韓国戦に勝利したもののパナマに敗戦し1勝1敗となっていた。
メキシコ戦に敗れると後がなくなる日本は5回裏に広岡大志(ヤクルト)がランナー2人をおいて相手のエラーを誘うサードゴロを放ち2点を先制。綺麗なタイムリーヒットではないが相手のミスをモノにしリードを奪う。

日本の先発青山大紀(オリックス)はメキシコ打線を6回まで無失点に抑える好投を見せる。しかし、7回表にランナーを一人置いてツーランホームランを浴び2-2の同点に追いつかれてしまう。試合は延長に入るかと思われた9回裏に土壇場で相手のミスから1点を奪いサヨナラ勝ち。

泥臭く勝つことで日本はスーパーラウンド2勝1敗にアドバンテージの2勝を加え4勝1敗とし決勝進出となった。

決勝はオーストラリアと対戦する。

【試合結果】
日本 3x-2 メキシコ

こちらの記事に関連するタグ

u23
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事