6日、社会人野球日本選手権は準々決勝の4試合が行われた。

第1試合では都市対抗で優勝したトヨタ自動車が日本通運に敗れ2大大会制覇はならなかった。西武にドラフト3位で指名されている源田壮亮は9番ショートで出場し2打数1安打1打点と孤軍奮闘した。

第2試合では今秋のドラフト候補に上がりながら指名漏れとなった王子の近藤均が1失点完投でパナソニックに勝利した。

第3試合では昨日に続きノーヒットノーランが生まれた。大阪ガスは酒居知史、土居星也の両ドラフト指名選手は起用せずに猿渡眞之が快投を見せベスト4へ進出。

第4試合は8回終了時までヤマハが5-0とリードし快勝ペースだったが9回表にJR西日本は池田駿をKOし1点差まで詰め寄るもあと一歩歩及ばず。

本日でベスト4の4チームが出揃った。

【試合結果】
トヨタ自動車 2-3 日本通運
    王子 3-1 パナソニック
 鷺宮製作所 0-3 大阪ガス
  JR西日本 4-5 ヤマハ

【組み合わせ】
<準決勝>
日本通運ー王子
大阪ガスーヤマハ

【注目選手】
<投手>
池田駿(ヤマハ/巨人4位):8回0/3/被安打4/奪三振7/与四死球3/失点2(自責2)

<内野手>
源田壮亮(トヨタ自動車/西武3位):2打数1安打1打点

こちらの記事に関連するタグ

京セラドーム
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

アマチュアに関する記事

お勧め記事

新着記事