今シーズンオフのFA戦線で目玉となることが予想されていた糸井嘉男(オリックス)がオリックス球団事務所へ申請書類を提出した。

オリックスは4年総額18億円の超大型契約を提示していたが糸井は熟考の末にFA行使を決断した。「10年野手をやってFAを取れると思っていなかったが他球団の評価を聞いてみたい」と語っている。

糸井獲得には阪神が乗り出すと見られておりオリックス、阪神の両関西球団の争奪戦となる。交渉解禁となる11日には阪神が糸井と会談をするとみられる。

主力選手のFAだけに糸井がどこに所属するかによって戦力図は大きく変わりそうだ。

<糸井嘉男・今シーズン成績>
143試合/打率.306/17本/70打点/53盗塁

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

パ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事