楽天・聖澤はFA宣言せず残留、オコエに定位置は譲らない

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

楽天の聖澤諒はFA権を行使せずに残留することを発表した。

球団のHPを通じて

「難しい決断でしたが、人生で一番悩み、考えたかもしれません。その中で一番いい決断をしたと思えるよう、来年は結果を残せるように頑張りたいです」

とコメントした。

今シーズンはオコエ瑠偉の加入や島内宏明の躍進もあり出場試合数は前年よりも増えたものの打席数は減り出番を求めてFA宣言する可能性も十分にあった。
聖澤が残留したことで来シーズンも1番センターのポジションをオコエ、島内らと再び争うことになる。

2012年に盗塁王を獲った聖澤の復活に期待したい。

<聖澤諒・今シーズン成績>
94試合/打率.294/3本/19打点/3盗塁

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

パ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事