社会人野球日本選手権はヤマハ対日本通運の決勝が行われ巨人のドラフト4位池田駿の所属するヤマハが初優勝を果たした。

ヤマハの先発は巨人にドラフト4位で指名された池田駿。
初回から毎回のようにランナーを出すもピンチらしいピンチはなく6回までの無得点ピッチング。

6回裏にヤマハは3点を奪い3-0トリードし逃げ切りを図るが7回表に池田は連打と四球で2死満塁のピンチを招き内野安打の間に1点を失う。
続く8回にも日本通運は池田を攻め立て2死1、2類のチャンスを作ったところでヤマハは池田を諦め九谷青孝に交替。
後続をなんとか断ちピンチを凌ぐ。

九谷は9回に1点を失うがリードは守りきり3-2でヤマハが勝利。

悲願の日本選手権初優勝を果たした。

【試合結果】
ヤマハ 3-2 日本通運

【注目選手】
池田駿(ヤマハ/巨人4位):7回2/3/被安打8/奪三振10/与四死球3/失点1(自責1)

こちらの記事に関連するタグ

京セラドーム
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

セ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事