清宮から5打席連続三振を奪った男”櫻井周斗(日大三高)”【Players report】

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

東京都秋季大会決勝で早稲田実業の清宮幸太郎は試合に勝ったものの5打席連続三振を喫した。
そのときの相手投手をご存知だろうか。日大三高のエース櫻井周斗だ。

氏名:櫻井周斗(さくらいしゅうと)
守備:投手
投打:左投左打
所属:日大三高
出身:新座シニア

櫻井は新座シニアから日大三高へ進学し1年生の秋からライトでレギュラーを確保した。この秋に櫻井の代へと代わり同時に主将となってチームを引っ張る存在となる。だが、背番号はエースナンバーの1ではなくセンターの8番だ。

背番号8を背負いながらも櫻井はこの秋の都大会では5試合に先発し2完封と文句ない成績を挙げている。ストレートは140キロ台前半とスピードはないがゆったりとしたフォームから放たれることもあり打者は球速表示よりも速く見えるのだろう。そして、大きく曲がるスライダーで三振を奪う。

このスライダーで清宮から5打席連続三振を奪ったのだ。そのうち4つは空振り三振だ。三振に倒れたあとの清宮が見せた笑顔は櫻井を認めている証だろう。
野村大樹にホームランを浴びサヨナラ負けを喫したが8回1/3で14三振を奪った投球は見ごたえがあった。

順調に育てば2017年のドラフト候補に名前が挙がることは間違いない。日大三高は大学進学をすすめる高校ではあるが今年、坂倉将吾(広島4位)が久々に直接プロ入りを果たした。櫻井も坂倉に続き高卒でプロ入りを目指すかもしれない。

来秋のドラフトに期待したい。

▼併せて読んで欲しい記事
入って良かった!と思える野球部でありたい。持ち前の強打に加え機動力で甲子園を目指す、日大三高野球部にインタビュー!

こちらの記事に関連するタグ

櫻井周斗
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事