【スコア速報】神宮大会1回戦 作新学院vs明徳義塾

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

第一試合は雨の為、11:00から開始に変更されました。

11月11日、第47回明治神宮野球大会第1日目1試合目、関東地区代表の作新学院(栃木)と四国地区代表の明徳義塾(高知)が対戦。
作新学院と明徳学院は今夏の甲子園・準決勝でも対戦しており、10-2で作新学院が勝利している。

<試合結果>

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
作新学院 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0
明徳義塾 0 0 0 5 0 0 0 2 × 7

【先発】
作新学院:大関 / 明徳義塾:北本

9回表:作新学院
5点を追う作新学院最終回は1番鈴木から。初球を捉えるもショートゴロ。
2番添田がフォアボールで出塁。3番中島がショートゴロでダブルプレー。
明徳義塾が7-2で勝利。

8回裏:明徳義塾
4番西浦、5番谷合が初球を捉えてセンター前ヒット。6番久後がセンター前ヒットで1死2,3塁。
7番近本がレフト前タイムリーヒットで2点を追加。
なおも1死2塁と続く8番筒井がセンターフライ、9番北本が見逃し三振で攻撃はここまで。

8回表:作新学院
7番大久保がライトフライ。8番七井がレフトフライ。9番加藤が初球を捕らえるもライトフライ。

7回裏:明徳義塾
1番田中がセンターフライ。2番中坪、3番今井が2者連続空振り三振。
篠原の好リリーフで追加点を許さず。

7回表:作新学院
4番篠原がセカンドゴロ。5番池澤がセンターフライ。6番菅野は空振り三振。
作新学院は今日初の三者凡退。

6回裏:明徳義塾
6番久後がデッドボールで出塁すると、7番近本が送りバントを成功させて1死2塁。
8番筒井がショートゴロ。9番北本がピッチャーゴロ。

6回表:作新学院
1死から1番鈴木がツーベースヒットで2塁に出塁すると、続く2番添田が一ゴロで2死3塁。
3番中島が三ゴロ、勢いよく滑り込むも1塁アウト。

5回裏:明徳義塾
この回、作新学院は大関から篠原に投手交代。
3番今井がセンターフライ。4番西浦がセカンドフライ。5番谷合がフルカウントから三ゴロ。

5回表:作新学院
4番大関に代わって代打・石戸が初球からセンター前ヒットを放ち無死1塁。
5番池澤がライト前ヒットで無死1,3塁。
6番相原が粘るも見逃し三振。7番大久保が犠牲フライで1点目。
8番七井の初球、1塁が盗塁に成功する。更にセンター前タイムリーヒットで2点を返す。

4回裏:明徳義塾
3番今井が初球を捉えてソロホームラン、1点を先制!
4番西浦も大きく打ち上げるがライトフライ。5番谷合がセンター前ヒット、相手守備のエラーで2塁まで出塁。
6番が三ゴロも2回目のエラー。7番近本がレフト前タイムリーヒットで2点目!
さらに8番筒井がライト前タイムリーヒットで3点目を追加。相手のミスを逃さず一気にリードする。
なおも1死2,3塁とチャンスが続く9番北本がセンター前タイムリーヒットで更に1点を追加する。
1番田中が三ゴロ、ここでダブルプレーを狙うも3塁走者が生還し5点目。
2番中坪が空振り三振で攻撃はここまで。

4回表:作新学院
7番大久保がレフト前ヒット。8番七井が送りバントで1死2塁。
9番加藤がショートゴロ、今井の冷静な判断で2塁走者を抑えて2死1塁。
1番鈴木が12塁間を抜けるヒットで2死1,3塁のチャンス。2番添田の3球目、今日2度目の盗塁を成功させる。さらに4球目がボールとなり2死満塁。
3番中島が空振り三振。4度目のチャンスもエース北本の踏ん張りで無得点に終える。

3回裏:明徳義塾
8番筒井、9番北本と2連続内野ゴロ。2死から1番田中は4連続ボールで出塁。
続く2番中坪も内野ゴロ。

3回表:作新学院
3番中島は空振り三振、4番大関はファールフライ。
5番池澤がライトへツーベースヒットを放ち、2死2塁と再びチャンス。
6番相原が初球から打つもレフトフライ。

2回裏:明徳義塾
4番西浦がライトへ鋭い打球を放つも添田のファインプレーでアウト。
5番谷合はフルカウントから際どいコースを見極めてフォアボールで出塁。
1死、1塁から6番久後がセンターへ鋭い打球を放つが、添田がこの回2回目のファインプレーで2塁アウト。
7番近元は三ゴロを相手守備が冷静に処理してアウト。

2回表:作新学院
7番大久保は三振に倒れ、8番七井がライト方向へ鋭い打球を放つが相手守備のファインプレーで出塁ならず。
続く9番加藤がセーフティーバントで2死1塁。1番鈴木がライト前ヒットで2死1、3塁と得点のチャンス。
2番添田の2球目に1塁走者が盗塁し2死2、3塁とチャンスを広る。しかし、フルカウントまで粘るも最後はセンターフライに終わる。

1回裏:明徳義塾
先頭打者の1年生・田中がセンター前にヒットを放ち、2番中坪が送りバントを成功させて1死2塁とする。
しかし、後続が続かず無得点。

1回表:作新学院
1死2、3塁から4番大関はキャッチャーフライでアウトになるが、5番池澤がフルカウントから冷静にボールを選び2死満塁のチャンス。
しかし、続く6番相原はライトフライで明徳はピンチを乗り切る。

こちらの記事に関連するタグ

明治神宮_2016111101
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事