ロッテは新外国人候補として阪神ゴメスを調査

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

ロッテが新外国人候補として阪神を退団する可能性が強いゴメスを調査していることがわかった。

ロッテは今シーズンの外国人野手はデスパイネ、ナバーロの2名体制だったがナバーロは退団濃厚でデスパイネはキューバ政府に契約延長を打診している段階だ。キューバ政府の動きによってはデスパイネも退団となる可能性があるため国内外の外国人を調査しておりその中の候補の1人としてゴメスが挙がったようだ。

ゴメスは2014年に阪神に入団し打点王を獲得するなど日本野球への対応も問題なく即戦力となることは間違いない。今シーズンこそ打撃不振でスタメン落ちを経験するなど思うような成績を残すことができなかったが巻き返しは可能とロッテ側は判断している。

デスパイネの動向次第ではあるが虎のゴメスが鴎のゴメスとなるかもしれない。

<ゴメス・今シーズン成績>
139試合/打率.255/22本/79打点

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

パ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事