【侍ジャパン】今日は快勝!秋山、中田、内川がタイムリー

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

侍ジャパン日本代表とメキシコ代表の強化試合第2戦が東京ドームで行われた。

大幅に打順を組み替えた日本は初回、大谷翔平(日本ハム)のツーベース、中田翔(日本ハム)のタイムリーで1点を先制。

2回には小林誠司(巨人)が四球で出塁し、バッテリーエラーの間に二塁へ進み続く秋山翔吾(西武)のタイムリーツーベースで1点を追加。2-0とリードを広げる。

日本の先発野村祐輔(広島)は初回を三者凡退で抑えるが、2回裏先頭のアマダー(楽天)にホームランを浴び1点を失う。

日本は3回にも坂本勇人(巨人)の犠牲フライで1点を追加する。

4回裏メキシコは2本のソロホームランで3-3と同点に追いつく。

しかし、直後の5回表、筒香嘉智(DeNA)の内野ゴロの間に1点、秋山の押し出し四球でさらに1点を奪い日本は再び5-3とリードを奪う。

日本は7回表にも秋山のタイムリースリーベース、内川のタイムリーヒットなどで3点を追加し8-3とリードを5点差に広げる。

日本は7回に1点を返されるが8回に秋山のタイムリーヒットで再び突き放し9-4。

9回にメキシコはサンフランシスコ・ジャイアンツのセルジオ・ロモをマウンドへ送る。しかし、日本は攻撃の手を緩めず中村晃(ソフトバンク)のツーランホームランでさらに2点を追加11-4とリードを7点とする。

9回裏のマウンドには秋吉亮(ヤクルト)が登りしっかりと無失点に抑え11-4で日本がメキシコに勝利した。

【試合結果】
メキシコ 4-11 日本

こちらの記事に関連するタグ

npb
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事