FAの岸が楽天と初交渉、星野副会長「彼は東北の星」

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

FA宣言選手との交渉解禁となった11日に西武からFA宣言をした岸孝之が東京都内のホテルで楽天と初交渉を行った。楽天は星野仙一副会長が出馬し本気モードを十分に見せつけた。

交渉終了後の記者会見で星野副会長は「僕と会ってくれるということは岸が前向きに考えてくれているということと捉えている」と語った。続けて「東北人独特の粘りがありナイスガイだ。2年前に東北の星(田中将大)が消えたからもう一度奇跡の扉を開いてほしい。則本とローテーションを回ってくれれば」と人柄も褒めちぎった。

対する岸は「原点は仙台。必要と言ってもらえて嬉しい」と語り相思相愛ぶりを見せつけた。

金額提示は4年総額16億円とも言われている。
岸が決断をくだすのに時間はからなさそうだ。

こちらの記事に関連するタグ

0928kishi
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

パ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事