11月12日、明治神宮球場で開催されている第47回明治神宮大会高校の部の二日目は第一試合で東京代表の早稲田実業と東海代表の静岡が対戦した。

早稲田実業は池田、静岡は池谷が先発。
試合は1回表、静岡は二死から3番稲角4番成瀬5番小柳と続き1点を先制するも、その裏、静岡の先発の池谷の制球が定まらず、押し出しで1点を与えてしまい同点に。
3回裏、早稲田実業は、先頭の清宮が死球で出塁すると、続く野村は四球で無死一二塁のチャンスを作り、6番雪山のタイムリーと犠飛で2点を奪い早稲田実業がリードした。

追いつきたい静岡は、4回表、先頭の4番成瀬がヒットでチャンスメイクすると、6番藤田・7番森の連続タイムリーで3-3の同点に追いついた。

同点に追いつかれた早稲田実業は7回裏、二死から3番清宮がライトフェンス直撃となるシングルヒットで出塁すると二死一三塁で5番小西のレフトオーバーのタイムリーで5-3と2点の勝ち越しに成功。

粘る静岡は9回にチャンスを作るも得点はあげることができず、ゲームセット。

早稲田実業が静岡を下した。

注目の清宮幸太郎は3打数2安打だった。

<試合結果>

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
静岡 1 0 0 2 0 0 0 0 0 3
早稲田実業 1 0 2 0 0 0 2 0 0 5

こちらの記事に関連するタグ

清宮幸太郎(2)
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事