東大史上最強左腕と称される宮台康平。2016年春季リーグで12年ぶりに3勝を挙げた東大の躍進は宮台の影響といっても過言ではない。

氏名:宮台康平(みやだいこうへい)
守備:投手
投打:左投左打
所属:東京大学
出身:湘南高校

宮台は2014年に東大野球部へ入学。高校時代は全く無名の存在で当時のドラフト情報誌をめくってもその名は出てこない。しかし、東大入学後は1年秋に初登板をを果たし15年秋季リーグで初勝利を挙げる。3年生となった今年は春に2勝、秋に1勝と年間3勝をマークした。日米野球では大学野球日本代表に選出され1試合に登板。メジャーリーガー予備軍たちと対戦し150キロの直球を投げ込み空振り三振を奪うなど実力を披露。メジャーリーグのスカウトにも絶賛されるなど”東大”という話題性だけではなく実力でドラフト上位指名候補を手繰り寄せた。

しかし、まだまだ体力的な不安もあり一年間戦えるスタミナがないのは本人も自覚している。2017年はいよいよ宮台の大学野球集大成となる。2002年秋季リーグ以来15年ぶりの勝ち点を置き土産にプロ入りを目指したい。そのためにもさらなる体力強化を図るのが重要課題だ。

プロに入ることが目標ではなく通過点と呼べる宮台にその先の世界で活躍することを期待したい。

こちらの記事に関連するタグ

宮台康平
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

チームPRに関する記事

お勧め記事

新着記事