札幌第一初ベスト4!宇部鴻城リードするも逆転 / 神宮大会

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

11月12日、第47回明治神宮野球大会第2日目高校の部・2試合目。
2年連続出場の北海道地区代表・札幌第一と2年ぶり2回目の出場となる中国地区代表・宇部鴻城が対戦した。

1回表宇部鴻城は先頭打者の古谷がライト越え2塁打を放ち、続く海田の送りバントは古谷がタッチアウトで1死1塁。3番荒武の時に相手のパスボールで1塁走者が3塁へ。さらに遊ゴロの間に3塁が生還して1点を先制する。

1回裏札幌第一は2死満塁とすぐさま逆転のチャンスを作る。6番佐藤のレフト前ヒットで同点に追いつき、なおもチャンスは続いたが最後は見逃し三振で宇部鴻城がピンチを凌ぐ。

2回表1死満塁から9番楢木の二ゴロを相手守備がエラー、その間に2点を追加し、再び宇部鴻城がリードする。
さらに3回表にはワイルドピッチ、パスボールとミスが続き1点を追加されると、1死3塁から6番打田のスクイズで1点を追加され5-1に。

3回裏札幌第一は6番佐藤の2打席連続タイムリーで1点を返すと、続く岡のタイムリーヒットで2点を返して1点差に追いつく。
4回裏には1死2,3塁から4番高階で二ゴロの間に1点を返し再び同点。

ここまで打ち合い合戦が続いたが、中盤から投手と守備の好プレーが冴え渡る。

5回表札幌第一が2イニング連続の三者凡退に沈めると、6回表には1死1塁からダブルプレーで鴻城打線を封じる。
対する宇部鴻城は7回裏無死1塁から6番佐藤が送りバントをするもエース早稲田の皓判断で2塁、1塁とダブルプレー。さらに8回裏には1死1塁から宮澤の二遊間ゴロをダブルプレーで抑える。

5-5のまま迎えた最終回。

9回表宇部は古谷の今日3案打目のヒットで1死満塁、勝ち越しチャンスを作る。しかし、8回途中に交代した前田が2者連続三振の好リリーフでピンチを乗り切る。
その回裏札幌第一は先頭打者の2番中村がレフト越え2塁打を放つと、続く柴田がフォアボール、高階の送りバントで1死2,3塁のサヨナラチャンス。
1死後、6番佐藤がセンター越えのサヨナラヒットを放ち、札幌第一が逆転勝利した。

札幌第一は初のベスト4が決まり、11月14日に履正社と福井工大福井の勝者と戦う予定だ。

<試合結果>

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
宇部鴻城 1 2 2 0 0 0 0 0 0 5
札幌第一 1 0 3 1 0 0 0 0 1 6

こちらの記事に関連するタグ

明治_宇部対札幌
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事