11月13日、明治神宮球場で開催されている明治神宮大会3日目の第一試合で初出場の九州代表の福岡大大濠と四国代表の明徳義塾が対戦した。

注目の好投手福岡大大濠の三浦と好打者明徳義塾の西浦・作新戦ホームランの今井との対戦に注目が集まる試合となった。
福岡大大濠は三浦、明徳義塾は北本の両先発で試合は開始。
静かな立ち上がりで始まった試合が動いたのは4回裏の福岡大大濠の攻撃。
明徳義塾の馬渕監督がもっとも要注意だと話した福岡大大濠の3番古賀のレフトスタンドへの特大ホームランで福岡大大濠が1点を先制した。
福岡大大濠は6回に二死から5番稲本・6番西の連続安打で1点を追加してリードを広げた。
その後もチャンスを作る福岡大大濠だが、明徳義塾のエース北本が粘りのピッチングでこれ以上の失点は許さなかった。

反撃したい明徳義塾は、2回・4回・5回・7回と多くのチャンスを作るも、福岡大大濠のエース三浦が打ち崩すことができず最後まで得点をあげることはできなかった。

両エースが非常に良いピッチングを披露し試合は、福岡大大濠が2-0で明徳義塾を勝利した。

この試合に勝利した福岡大大濠は準決勝で清宮幸太郎擁する早稲田実業と対戦する。

<試合結果>

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
明徳義塾 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
福岡大大濠 0 0 0 1 0 1 0 0 × 2

こちらの記事に関連するタグ

三浦銀二
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事