履正社 松原・片山で決めた!履正社が福井工大福井との接戦を制す。 / 神宮大会・高校野球

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

11月13日、明治神宮球場で開催されている第47回明治神宮大会高校の部3日目の第二試合は、近畿代表の履正社と北陸代表の福井工大福井が対戦した。

履正社の先発は田中、福井工大福井の先発は摺石の両先発で試合は開始した。
両チームとも強打が売りで乱打戦になることも想定される試合だったが、意外な幕開けをした。
先行の履正社を福井工大福井の先発の摺石が三者三振の好スタートを切ると、履正社の田中も負けじと初回を2三振で福井工大福井を切ってとり、投手戦になることを球場全体が感じていた。

しかし試合は2回に一気に動いた。
福井工大福井は先頭の5番吉田が二塁打で出塁すると大上、北川がタイムリーで続き2点を先制した。
3回まで1安打に抑えられ追いつきたい履正社は、4回表、先頭の安田がフォアボールで出塁すると、4番若林のヒットに犠打で一死二三塁のチャンスで6番松原がライトオーバーのタイムリーで2点を奪い同点に追いついた。
さらに履正社は続く5回に先発の9番田中がレフトスタンドへのソロホームランでこの試合始めリードを奪う。

5回裏に福井工大福井の3番井上のタイムリーですぐさま同点に追いつくも、続く6回に履正社の7番片山が左中間を破るタイムリーツーベースで再びリードを奪った。

履正社は7回からエースの竹田が登板し、安定したピッチングで福井工大福井に点を与えず、4-3で履正社が逃げ切った。

勝利した履正社は明日の準決勝に進み、札幌第一と対戦する。

<試合結果>

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
履正社 0 0 0 2 1 1 0 0 0 4
福井工大福井 0 2 0 0 1 0 0 0 0 3

こちらの記事に関連するタグ

松原任耶
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事