秀岳館の左腕エース田浦文丸【Players report】

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

高校野球に継投の概念を新たに持ち込んだ2016年の秀岳館高校(熊本県)。今夏の甲子園では4人の投手を用いてベスト4まで勝ち上がった。その一角を占める田浦文丸は来年最上級生として甲子園を目指す。

氏名:田浦文丸(たうらふみまる)
守備:投手
投打:左投左打
所属:秀岳館高校
出身:糸島ボーイズ

田浦は糸島ボーイズから秀学館へ入学後1年時からベンチ入りを果たす。秋季九州大会を制し出場を果たした春の選抜甲子園では2年生ながら中継ぎで2試合に登板。球速こそ140キロに届かないもののスライダーとのコンビネーションで4回2/3を投げ8奪三振と大器の片鱗を見せた。

夏の甲子園予選では短いイニングながら2回戦から決勝まで5連投の力投を見せ甲子園出場に貢献。2度目の甲子園では初の先発を任されるなど3試合で9回1/3を投げ1失点と好投を見せ最速も143キロまで伸びた。甲子園終了後の新チームではエースナンバーを背負い秋季大会でも貫禄の投球を見せた。九州大会では長いイニングを投げることも増え2回戦では7回コールドではあるが完封勝利を挙げ17三振を奪っている。

田浦はこの冬にさらなる成長を遂げれば来年の甲子園で大きく注目される選手になることは間違いない。最速143キロのストレートに大きく曲がるカーブとスライダーを駆使し甲子園で活躍する田浦に期待したい。

こちらの記事に関連するタグ

秀岳館_田浦
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事