俊足巧打のすごいやつ!”西浦颯大”【Players report】

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

2014年に行われたU-15ワールドカップ日本代表に選出された当時14歳の西浦颯大が着実に成長を遂げている。

氏名:西浦颯大(にしうらはやと)
守備:外野手
投打:右投左打
所属:明徳義塾高校
出身:熊本北シニア

西浦は熊本北シニア時代に前述の日本代表に選ばれセンターとして9試合に出場。打率.419、1本塁打、8打点、6盗塁と大活躍を見せ進路が注目されていた。この時のチームメートには増田珠(横浜高)もおり二人がチームを引っ張っていた。

西浦はその後、明徳義塾高に進学し1年時からベンチ入り。しかし、夏の甲子園予選で不振となりベンチ入りメンバーからは漏れてしまった。その悔しさをぶつけたのが2年生に進級してからの夏の甲子園だ。

春の甲子園では4打数1安打だったが夏の甲子園で満塁ホームランを放つなど14打数6安打1本塁打5打点と1年前のリベンジを果たし存在感を発揮した。俊足、巧打に加えホームランっを打てるパンチ力もあり2017年ドラフト候補となることは間違いない。今年、西武からドラフト4位で指名された鈴木翔平と似たようなタイプだ。

秋季四国大会を制したことで来春の選抜出場はほぼ確実だ。最上級生となった西浦の活躍に期待がかかる。

こちらの記事に関連するタグ

明徳_西浦
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事