11月14日、明治神宮球場で開催されている第47回明治神宮大会高校の部の4日目は近畿代表の履正社と北海道代表の札幌第一が対戦した。

履正社は松井、札幌第一は松田の背番号10番の左腕同士の両先発で始まった。
この試合先制したのは履正社だった。履正社は3回裏、先頭の2番西山がヒットで出塁し、一死一三塁のチャンスでセーフティスクイズで1点を先制。さらに6番松原・7番片山の連日のタイムリーなどこの回4点を奪った。
反撃にでたい札幌第一は失点を許した直後の4回、4番高階・5番今野の安打などでチャンスを作り1点を取り返した。
札幌第一は6回にもヒットを2本出し、1点を追加した。

じわじわ詰め寄る札幌第一を履正社が突き放したのは7回裏、二死から白瀧・松原と続き、7番片山が価千金のレフトオーバーのタイムリーツーベースで2点を奪いリードを広げた。
履正社は8回にも相手バッテリーのミスで1点を奪い、7-2で札幌第一を下し明日の早稲田実業との決勝に駒を進めた。

明治神宮大会高校の部の決勝は早稲田実業対履正社と東西を代表する高校同士の決戦となった。
決勝は明日10:30より明治神宮球場で行われる予定。

<試合結果>

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
札幌第一 0 0 0 1 0 0 1 0 0 2
履正社 0 0 4 0 0 0 2 1 × 7

こちらの記事に関連するタグ

片山 悠
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事