楽天・三木谷オーナー「外国人枠の拡大」を提案!

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

14日にプロ野球オーナー会議、NPBの臨時社員総会が都内で開かれた。

その席で任期満了となる熊崎勝彦コミッショナーが1年間続投することで満場一致で決定した。

熊崎コミッショナーはその後の記者会見で「退任する考えだったが要請を真摯に受け止め引受させて頂く」と語った。また、NPBの2015年度決算が2億9190万円の黒字を計上し5期連続黒字となった。

また、オーナー会議では楽天の三木谷浩史オーナーが外国人枠の拡大を提案した。その場で三木谷オーナーは「プロ野球は興行なので選手の国籍は関係ない。ファンに最高のプレーを見せることが我々のミッションだ」と訴えた。現状は一軍に4人の登録ができ野手、投手の同時登録は3人までと野球協約で定められている。

今回は提案のみで議論にならなかったが次回以降の展開が注目される。

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事