今シーズン連覇を狙ったが5位に終わったヤクルトは来シーズンに向けて外国人選手の整備を行っている。
今シーズン、セットアッパーとして活躍したジョシュ・ルーキが7500万円(推定)で契約延長に合意した。ルーキは秋吉亮と共にセットアッパーを務め1年目から69試合に登板するなど大きく貢献した。

また、同じく1年目のルイス・ペレスとは契約更新をしないことがわかった。ペレスは先発、中継ぎとして期待されたが制球難もあり一軍での活躍はできなかった。

シーズン途中に入団したハ・ジェフンもペレス同様に退団が決まった。
今シーズンの新外国人選手はルーキを除いて全員が退団となった。

<ジョシュ・ルーキ・今シーズン成績>
69試合/6勝6敗33H/64回2/3/奪三振60/与四死球25/防御率3.06

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

セ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事