近鉄戦士であり楽天創設メンバーの1人であった牧田明久が現役を引退する決断をくだした。

10月23日に戦力外通告を受けておりその後の進退を家族とともに熟慮を重ねていた。

「身体はまだ動くが仙台という街を気に入っておりこの球団のことも好きだ。他のチームでプレーすることを考えるのは難しい」とこぼしており最後まで楽天愛を貫きバットを置く。

牧田は2013年の日本シリーズ第7戦でダメ押しとなるソロホームランを放つなど日本一にも貢献。楽天初年度の記録的最下位から球団創設初の日本一までの軌跡とともに歩んできた。楽天は球団職員などのポストを用意し最後まで楽天一筋を貫いた大功労者である牧田に対し最大限の誠意を見せる。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

パ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事