履正社が早実破り初優勝! 近畿のセンバツ枠が6から7に

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

15日、第47回明治神宮野球大会高校の部・決勝が行われ、近畿地区代表・履正社(大阪)が東京地区代表・早稲田実(東京)に11-6で勝利した。

履正社が松井、早実は中川の両先発で試合を開始。
1回裏早実は3番清宮が今日初打席で先制ソロホームランを放ち先制。

しかし、直後の2回表に7番片山のレフト前タイムリーヒットですぐさま同点。さらに3回1死1,3塁から3番安田がライト方向へ3ランを放ち履正社が逆転する。

対する早実は3回裏に無死1,2塁のチャンスを作ると、2打席目の清宮のタイムリーヒットでまず1点を返す。続く4番野村もフェンス直撃の2点タイムリーヒットで同点に追いつく。なおもチャンスが続く6番小西のレフト前タイムリーヒットで1点、8番中川のタイムリーヒットで1点と6-4と逆転。

再びリードを許した履正社だが、4回表に打線が爆発する。
無死満塁のチャンスから2番西山の一塁線を破るタイムリーツーベースヒットで同点に追いつくと3番安田、4番若林が続き2点を追加する。さらに7番片山がレフト方向へ3ランを放ち11-6と逆転する。

再び逆転を狙う早実だが、3回途中から登板したエース・竹田の粘り強い投球にあと1本が続かず。9回裏最終回には2死満塁のチャンスを作ったが4回以降得点を与えず履正社が勝利し、神宮大会2回目の出場で初優勝に輝いた。

神宮大会優勝校が所属する地区には神宮枠が与えられ、近畿地区のセンバツ出場枠が6から7枠になった。

こちらの記事に関連するタグ

履正社
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事