2017年のドラフトで注目度No1だった清宮幸太郎を”東の”の冠をつけさせることに成功した選手がいる。履正社高校の安田尚憲だ。新聞などでは”東の清宮、西の安田”と日本全国清宮一色から西日本を安田のものとした。

氏名:安田尚憲(やすだひさのり)
守備:内野手
投打:右投左打
所属:履正社高校
出身:レッドスターベースボールクラブ

安田は元阪神の赤星憲広が運営するレッドスターベースボールクラブから履正社高校に入学し1年時からベンチ入りを果たしていた。

新チームになった1年秋からレギュラーとして試合に出場する。年が明けて2年生の夏の甲子園では寺島成輝(ヤクルト1位)を助けるべく3試合で12打数4安打.333の活躍を見せた。

寺島らが抜けた秋季大会では大阪大会、近畿大会を経て明治神宮大会に出場。来春の選抜甲子園への出場を確かなものとした。

明治神宮大会の決勝では清宮率いる早稲田実業と対戦。清宮が2ランホームランを放てば安田は3ランホームランを放つなどお互いに対抗心を燃やしていた。

明治神宮大会前までは話題性では清宮に負けていたが、清宮の前でホームランを放ち、早稲田実業に勝ったこともあり話題性でも清宮を超えてきそうだ。

日本球界に確固たる大型三塁手はおらず、日本代表でも山田哲人(ヤクルト)がコンバート起用されるほどだ。

5年後の第5回WBCで日本代表サード問題を解決するのは安田かもしれない。

こちらの記事に関連するタグ

履正社_安田尚憲
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事