ヤクルト・山田はWBC球に慣れる!「少し大きくて滑る」

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

2年連続でトリプルスリーを達成した山田哲人(ヤクルト)がWBC球対策として家でもWBC球を握に慣れていくことを明らかにした。

先日行われたWBCに向けた強化試合で山田はシーズン中途は違うなれないサードの守備とは言え送球エラーをするなどボールの対応に苦慮していた。山田は「WBC球は少し大きく滑る。何球かもらったので常日頃から触るようにして感触に慣れていきたい」と語っている。

チーム全体の守備練習でWBC球を使うことは難しいが自主トレや家で触る分には問題はない。ヤクルトの三木肇ヘッドコーチも「必要ならノックを打つ」とバックアップ体制はバッチリだ。残された4ヶ月間の中で山田は出来る限りの努力を行っていく。

こちらの記事に関連するタグ

ifyamada
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

セ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事