ヤクルト・秋吉「外国人選手対策はバレンティンに学んだ」

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

先日行われたWBCに向けた強化試合で2試合3回を無失点に抑え好投を見せた秋吉亮(ヤクルト)は外国人選手を打ち取る秘訣を語った。

「全員、バレンティンだと思って投げました。バレンティンを見ていると外へのスライダーをうまく使われて打ち取られている。その攻め方が外国人選手に対し有効だと思っていた。うまくスライダーを振ってくれました。WBCの代表に選ばれたら本戦でもそうなると思う」と秋吉は言う。

また、WBC球に関しては「違和感は感じなかった」といい他の投手が苦慮していたボールに対しても不安はなく本番でもセットアッパー、クローザーで起用されることが濃厚となった。

プレミア12から続いている日本の守護神問題の解決策として秋吉が浮上してきたのは朗報だ。

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

セ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事