大学野球の集大成となる明治神宮大会決勝で優勝を果たした明治大学。

中日からドラフト1位指名を受けた柳裕也とヤクルトからドラフト2位指名を受けた星知弥の2人は共に嬉し涙を見せた。柳は「嬉しい気持ちとこのチームで明日から野球ができないと思うと寂しい」と語った。2人の涙を見て善浪監督は「柳、星2人の涙を見て私もうるっときた」ともらい泣き。プロ入りを果たした孝行息子たちが日本一をプレゼントしてくれた。

柳、星の2人は来シーズンから同じセ・リーグのライバル球団へと進んでいく。お互いに1年生の時からいいライバルと認める2人はプロの世界でも切磋琢磨し成長を続けていくに違いない。一軍での先発対決を楽しみに待ちたい。

こちらの記事に関連するタグ

nextfield
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

アマチュアに関する記事

お勧め記事

新着記事