中日の近藤、金子が契約更改、近藤は220万円UP!

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

中日の若竜2人が来シーズンの契約交渉を行った。

2年目の金子丈は今シーズンの年俸750万円から150万円ダウンの600万円(推定)で更改した。ルーキーイヤーは10試合に登板したものの今シーズンは一軍での登板が1試合しかなかった。しかし、二軍ではリリーフで50試合に登板し2勝2敗7S、防御率3.35の成績を残しており来シーズンは中継ぎとして一軍入りを目指す。

今シーズン7月に育成契約から支配下登録された近藤真一コーチの長男である近藤弘基は今シーズンの年俸440万円から220万円アップとなる660万円(推定)で更改した。デビュー戦で3安打を放つ活躍を見せた近藤だが「父からは一軍にいたのは2ヶ月だけ」と厳しい言葉をもらい気持ちを引き締めたという。近藤は台湾で行われるアジアウインターリーグに参加しさらなる成長を目指す。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

セ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事