愛媛県松山市で行われているヤクルトの秋季キャンプで投手陣が悲鳴を上げている。

今シーズンはチームとして46年ぶりに二桁勝利がいないという不名誉な記録を作ってしまったヤクルト。「これまでと変えないといけない」と真中満監督は語り連日投手陣にハードなトレーニングを課している。

中でも顕著なのは打撃練習が多いことだ。小川泰弘らローテーション投手は120球の打撃練習を行っており足がパンパンになっている模様。その小川は「こんなに打撃練習したのはプロ入り後初めて」と語っている。

伊藤智仁投手コーチは「下半身を使わないと打球は飛ばないから下半身トレーニングにもなる」と話しだ単なる打撃練習ではないことを強調した。

今シーズン投手陣の打率はリーグワーストだったヤクルト。投手陣が自分で点を取れば勝ち星に結びつく可能性は自然と高まる。来シーズンは”二刀流”のヤクルト投手陣に期待したい。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

セ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事