さらなる成長に期待!各校のスーパー1年生は誰だ!?

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

ドラフト会議で高校3年生達が続々とプロ入りを果たし高校野球界は本格的に新チームの話題に切り替わった。現2年生は清宮幸太郎(早稲田実業)、増田珠(横浜)らの大物の名前が取り上げられている。しかし、各校にはスーパー一年生も控えているのだ。今回は清宮世代の1学年下に当たる現1年生のピックアップ選手を紹介しよう。

野村大樹(早稲田実業高校/東京都)

早稲田実業は清宮幸太郎だけじゃない。と言わんばかりの活躍を見せているのが野村大樹だ。3年性が引退した後の新チームでは1年生ながら清宮の後ろを打つ4番を任されており信頼度は極めて高い。11月に行われた明治神宮大会では高校通算23号ホームランを放ち清宮の1年時の記録(22本)を超えてみせた。「ホームランを狙って打った」とも語っておりその潜在能力には驚かされるばかりだ。野村がいるからこそ清宮が生きる。そして清宮がいるからこそ野村は学年こそ違えど成長できるそんな関係だ。当確となっている春の選抜での活躍を心して待ちたい。

こちらの記事に関連するタグ

野村大樹
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事