ソフトバンク・ドラフト1位の田中正義は背番号「25」濃厚

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

今秋のドラフト会議で5球団強豪の末、ソフトバンクに交渉権が確定した田中正義(創価大)の背番号は「25」となりそうだ。

ソフトバンクの背番号状況を見ると10番代は「15」が空いている。しかし、この「15」は現役のまま亡くなったかつての中継ぎエース故藤井将雄氏の番号となっており半永久欠番だ。

そこで「25」を提示することに決まった模様。創価大では11、15を背負っていたがプロでは「25」でスタートする。また、野球以外の部分で目立ちたくない本人の意向もあるようだ。「15」になるとプレッシャーにもなり周囲が騒がしくなる可能性もある。

ソフトバンクは田中と19日に入団交渉を行う予定となっており契約金、年俸とともに「25」を提示する模様だ。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

パ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事