クラーク記念国際・安田、四国IL高知から指名

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

14日、四国アイランドリーグPLUSの高知ファイティングドッグスが入団交渉権獲得選手を発表した。

7順目には創部3年目、通信制高校として初めて甲子園に出場したクラーク記念国際(北海道)の安田世幸内野手が指名された。安田はチームの4番を務め、夏の甲子園では5打数3安打2打点とチームの主軸として活躍していた。

今年のドラフト会議で阪神タイガースからドラフト6位で指名を受けた福永春吾の母校でもあり、福永も高校卒業後、06ブルズから四国アイランドリーグPLUSの徳島インディゴソックスに入団し、プロへの道を掴んだ。

【1巡目】安藤 優作(外野手・21) / 愛知大学
【2巡目】加藤 佳樹(投手・22) / 東北学院大学
【3巡目】西川 拓馬(投手・22)/ 愛知大学
【4巡目】和田 有斗(投手・26) / 信農グランセローズ
【5巡目】三谷 英勝(投手・25)/ エディオン愛工大OB BLITZ
【6巡目】髙野 勇太(外野手・22)/ 関東学院大学
【7巡目】安田 世幸(内野手・18)/ クラーク記念国際高校
【8巡目】森田 吉輝(内野手・24)/ 新日鐵住金大分
【8巡目】野副 星児(捕手・26)/ 06ブルズ

こちらの記事に関連するタグ

nextfield
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事